使いこなそう低脂肪乳

現在は、牛乳を100%使用し、無脂乳固形分は8%以上、乳脂肪分が3%以上のものを「牛乳」と表記してよいことになっています。

 

これらを少しでも加工し、成分に調整したものは「加工乳」となり、その中でも特に脂肪分をカットしたものが「低脂肪乳」です。

 

低脂肪乳の方が加工賃がかかるはずなのに、スーパーでは安く売られていると思います。

 

その理由はというと、取り除かれた乳脂肪が、より価値の高いチーズやバターといった商品に変わるからです。

                               

それに、昔は低脂肪乳と言えば、「まずい」という印象でしたが、現在は、ある程度素材の味を残したものが多くなっており、カロリーを気にする人にも優しい商品となっています。

 

調整されるのは脂肪分だけですから、摂りたい栄養素であるカルシウムは当然しっかり残っており、ダイエット用プロテインなどと合わせて飲むのがおすすめです。

 

 

〇その他の低脂肪乳の使い道

 

味も風味も牛乳におとる低脂肪乳ですが、実は意外と使えます。

 

・コーヒーに入れる

 

・カップラーメンに牛乳を入れるという人は、この低脂肪乳を使う方がおいしいこともあります。

(こちらもみてください)

【COCO塾ジュニア】英語スクール 資料請求

 

【家庭教師のラビット】

 

子ども英語教室とオンライン英会話のいいとこどり!

 

 

【こどもちゃれんじ】

【進研ゼミ中学講座】 【進研ゼミ小学講座】

【進研ゼミ高校講座】