頭のいい子にする4つのポイント! 計画・居間・ほめる・失敗とは。

頭のいい子にする4つのポイントは次の4つです。

一つだけでもやれそうなものは実践してみてください。

 

  • 計画を立てて時間をつくることが大切

 

  • 自分の部屋の学習机ではなく、居間のテーブルで勉強を

 

  • ほめて育てて伸ばす

 

  • 失敗から学ぶことも大切

 

 

 

 

1 計画を立てて時間をつくることが大切

 

テレビやゲームを見るのがどうしてよくないかというと、だらだらと時間がとられてしまうからです。

 

ぼーっとテレビを見たり、ゲームをしていたらすぐに2~3時間はたってしまってはいないでしょうか?

 

1日は24時時間と限られていますから、なんとなく過ごしていたらすぐに1日は終わってしまいます。

 

 

そうならないために、今からでもこれを実践してみてください。

 

「あらかじめ、計画をたてて、勉強する時間をとっておく」

 

このようにすることが、学習習慣をつける近道です。

 

例えば、小学校高学年であれば、夕方5時~6時までの1時間を勉強する時間にあてておいて、あとは自分の好きなことをする時間にする。

 

大切なのは、毎日、机に向かう習慣をつけることです。

 

決まった時間に勉強する習慣をつけていれば、学習習慣を無理なくつけることができます。

 

 

といいたいところですが。。。。。

 

実際は。。。。

 

たぶん、今まで勉強習慣がなかった子供は、なかなか机に座っていられないのが実際だと思います。

 

 

その場合は、どうするか?

 

最初は15分だけ机に向かわせるようにします。あとは、学習ノートをとりあげます。

 

子供の心理の中で、まだあそこの問題を問いてなかったのに、っと思わせれたら成功です。

 

次回からは、親に学習ノートをとりあげられるのを危惧して、集中して勉強をすることになります。

 

そのように集中する癖をつけさせることがまず第一歩です。

 

そうしたうえで、最終的には冒頭で紹介したような、1時間集中型にもっていければ、最高だと思います。

 

 

 

1時間だけでいいの?って思うかもしれません。

 

 

自分が小学生の時は、1時間くらいしかやった記憶がありません。

 

それでも、北海道大学の理系には合格できました。

 

自分の子供も1時間の勉強を実践していて、成績も良好で塾は行ってません。

 

たぶん、方向性は間違ってないと思います。

 

 

一般的な大人の集中力でも40~50分程度で、その中でも完全に入り込めるのは15分程度。

 

この15分の集中力の波を繰り返すと言われています。

 

その繰り返す波に乗れるようになって、大学生になれば90分講義も受けられるようになります。

 

しかし、小学校低学年までの場合には15分程度で限界が来てしまうのが一般的。

 

幼児向けのアニメなどは1話が短いと思いませんか?その理由は、幼児の集中力が持続する10~15分以内に完結にさせるように出来ているそうです。

 

 

 

2 自分の部屋の学習机ではなく、居間のテーブルで勉強を

 

 

これは、意外と重要なことなのです。

 

 

居間は、自分の部屋と違っていろいろな刺激(音)が入ってきます。

 

その状況下で勉強できるようになっておくことが、将来の高校受験や大学受験で実は重要になってきます。

 

雑音がある。集中できない。

 

一般的に考えたらあたり前ですよね。

 

でも、受験会場では、その雑音が気になってしまって、集中して問題を解けなかったとい人も多くいます。

 

シャープペンシルをカチカチする人がいる。

 

・鼻水をずるずるする人がいる。

 

・貧乏ゆすりで椅子をがたがたいわせる人がいる。

 

気になったら、ほんとに集中できません。

 

このような、状況下でも集中できるようになっておくのが、居間のテーブルでの勉強です。

 

もう1点、副次的な効果があります。

 

それは、子供がやっている勉強を親が監視(監視は言い過ぎですが)しやすいことです。

 

 

是非、検討してみてください。将来よい結果にはなりますが、悪い方向にはいかないと思いますので。

 

 

3 ほめて育てて伸ばす

 

 

最近は、子供はほめて育てた方がいいと言われています。

 

これは確かなことで、さまざまな研究ではっきりとしています。

 

 

最初はマウスやサルの実験で、どうもほめた方がいいらしいということがわかりました。

 

人間でも試してみたところ、やはりほめた方が、いい結果が出ています。

 

 

ほめられると誰でもいい気分になり、脳ではドーパミンというやる気をアップさせる神経伝達物質が分泌されます。

 

 

すると、さらにがんばっていい結果が出る、理想的な状態になります。

 

子供は欠点をしかるのではなく、いいところをほめて伸ばしてあげましょう。

 

がんばっても結果がでないことがあります。

 

でも結果が出なかったからといって責めてしまっては、それまで頑張ったことを否定してしまいます。

 

結果がどうあれ、頑張った行為自体をほめてあげましょう。

 

悔しいのは子供本人なのですから。

 

 

ただし、なんでもかんでもほめればいいというわけではありません。

                                          

社会にはルールがあります。

 

なんでも限度があり、やっていいことといけないことの一線をきちんと決めて、きちんと教えてあげましょう。

 

 

4 失敗から学ぶことも大切

 

「失敗学」という言葉があります。

 

起こってしまった失敗に対し、原因を追究して、失敗に学ぼうという学問です。

 

最近は、失敗しないように石橋をたたいて渡る人が増えています。

 

自分は理系なので、理科の話をしたいと思います。

 

最近の実験キットは、いたれりつくせりで、全部がそろっていて、あとはそれをどう混ぜたり、つないだりしたらいいかを、授業でやってみるだけになっています。

 

教科書に書いてある実験道具がそのままそろっているので、工夫してやることもなければ、失敗することもほとんどありません。

 

理科で一番大事なのは、失敗した時に、どうして失敗したのかをじっくり考察することです。

 

失敗すれば学習して、次は同じ失敗を繰り返さないようにします。

 

これがほんとうの学習です。

 

社会にでてから、苦労しないようにこの習慣をつけておくことが大事だと思います。

 

良かったら下の広告を見てください。お願いします。