子どもに食べさせていけない食品シリーズ(チルドハンバーグ)

【チルドハンバーグ】

 

 

 

〇なぜ、ダメなの?

 

着色料

 

ハンバーグは、褐色を際立たせるためにカラメル色素が添加された製品が多くなっています。

 

カラメル色素は全部で4種類あって、そのうちの2種類には発がん性物質が含まれていることが分かっています。

 

しかし、「カラメル色素」としか表示されないので、どれが使われているかわかりません。

 

したがって、できるだけ避けた方が無難です。

 

 

〇ハンバーグに含まれている注意すべき添加物3点

 

①カラメル色素

 

カラメル色素は、基本的にデンプンや糖蜜を熱処理してつくられますが、カラメルⅢとカラメルⅣには、原料にアンモニウム化合物が加えられます。

 

それが熱処理によって、発がん性のある4-メチルイミダゾールに変化してしまうのです。ただし。カラメルⅠとカラメルⅡはそれほど問題ありません。

 

②調味料(アミノ酸等)  

L-グルタミン酸ナトリウムは、もともとこんぶに含まれるうま味成分で、動物実験では毒性はほとんど認められていません。

 

ただし、人間が一度に大量に摂取すると、顔から腕にかけての灼熱感や動悸などを引き起こすことがあります。

 

③加工でん粉

 

デンプンに化学処理を施し、酸化デンプン、酢酸デンプンなどに変えたもので、全部で11品目あります。発がん性や生殖毒性に関しての試験データのない品目も多い状態です。

 

 

 〇添加物が使われていないものを買うようにしましょう。いろいろ売ってますので、スーパーなどで探してみてお気に入りを見つけるのもいいかもしれません。(できればカラメル色素の添加されていない製品を)

 

 

良かったら下の広告を見てください。お願いします。