安心度アップの上手な食べ方(牛肉)

安心度アップの上手な食べ方(牛肉)                  

 

 

肉類での主な不安物質は、抗菌性物質(合成抗菌剤、抗菌物質)、肉を軟らかくする女性ホルモン剤、有機塩素系農薬、ダイオキシンです。

 

食肉には、パッケージに生産地、部位、用途などが書かれていて、ずいぶん選びやすくなりました。

 

これからは、こうした表示を、どううまく使いこなすかが大切です。

 

 

 

①和牛肉

 

和牛は、黒毛和牛、褐色和牛、日本短角牛、無角和牛の4種類です。

 

もともと食肉専用に飼育され、品質も良く、抗菌性物質や女性ホルモン剤などの不安が少ないので安心です。

 

 

 

②国産牛肉

 

国産牛は、ホルスタインなど乳牛種のオスを去勢し、食肉用にしたものなどです。

 

肉を軟らかくする女性ホルモン剤や、抗菌性物質の不安があります。

 

「○○県産牛」など産地名がついていても、「和牛」と表示していないかぎり、ほとんどが国産牛です。

 

また、外国で生まれ育った牛でも、生きたまま輸入して肉処理すれば、「国産牛」の扱いになってしまいます。

 

 

③輸入牛肉

 

アメリカ産、カナダ産は、穀物肥育牛肉と草肥育牛肉の二つに分けられます。脂肪は色が白いのが特徴で、焼肉に適しています。オーストラリア産、ニュージーランド産は、牧草肥育で、脂肪の色が黄色なのがその特徴です。風味はやや劣るようですが、煮込みなどにいいでしょう。輸入牛肉は国産牛にくらべ、抗菌性物質などの心配があります。       

 

〇ひと手間で安全アップの秘訣

 

簡単な下ごしらえで、心配な汚染物質をかなり取り除くことができます。

 

まずうまく産地表示などを活用して選んだ上で、安全のためには、次の下ごしらえをぜひ試してください。

 

・脂身は不安物質がたまりやすいので除く。

 

・薄切り肉は、広げて湯通し。脂肪とともに汚染物質が溶け出します。

 

・汚染物質が引き出されるので、なるべく下味をつける。

 

・アクと一緒に農薬や女性ホルモン剤が出るので、料理のアク取りは丁寧に行う。

  良かったら下の広告を見てください。お願いします。