パイナップルの恐怖

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

 

 

生のパイナップルはリスクをはらんでいます。

 

 

パイナップル1個を丸ごと食べるようなワイルドな人はあまりいないと思いますが、もしそれをやろうとすれば、口の中や舌がただれて痛くてたまらなくなってしまいます。

20180503223611

 

 

パイナップルにはプロテアーゼ(タンパク質分解酵素)が含まれていて、舌や口内を溶かしてしまいます。

 

 

もちろん、少量を食べる場合には、問題ありません。大量に食べると被害がでるものです。

 

 

どのくらいの効果があるかわかっていませんが、酢豚にパイナップルが入っていたり、ハンバーグの上にパイナップルが乗っているのは、肉を軟らかくしたり消化をよくするためらしいです。

 

 

缶詰のパイナップルは加熱されているためプロテアーゼが壊れて(失活して)いて、どれだけ食べても口の中がただれることはありません。

 

 

〇参考までに、生パイナップルを入れたゼリーを作ろうとすると、ゼリーが溶けてしまって固まらないそうです。

 

タンパク質であるゼラチンが分解されてしまうからです。

 

ですから、ゼリーに入れるパイナップルは缶詰のものを使っています。

 

良かったら下の広告を見てください。お願いします。