銀食器と毒との関係

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

 

20180503134415

ヨーロッパでは中世から近世にかけて、毒は殺人の道具として広く使われていました。

 

 

中世の薬局では医薬品とともに毒も売られていたといわれ、ここで毒を買い求める暗殺者もいたといいます。

 

 

中でも、暗殺の毒としてよく使われたのはヒ素(亜ヒ酸)でした。

 

 

当時は、硫砒鉄鉱という鉱物を焼き、蒸発したヒ素を集めて作っていました。

 

 

これを食べものや飲み物に混ぜて、毒殺を謀っていたのです。

 

 

毒殺が横行すれば当然、それから身を守る術が編み出されます。

 

 

そのひとつが銀の食器を使うことでした。

 

 

銀は硫黄と反応すると黒く変色する性質があります。

 

 

硫砒鉄鉱から得られた当時の亜ヒ酸には硫黄分が含まれていたため、亜ヒ酸が混入されると、食器が変色したのです。

 

 

いまもヨーロッパの高級レストランや晩餐会などでは銀食器が使われていますが、それは「この食事には毒は入っていないので、安心してください」というアピールの名残といわれています。

 

良かったら下の広告を見てください。お願いします。