うまい棒!UFOキャッチャーで大量ゲット。でもそれは喜べない。うまい棒に含まれる添加物!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

うまい棒!UFOキャッチャーで大量ゲット。でもそれは喜べない。うまい棒に含まれる添加物!

 

20180501123900

1本が10円という超低価格なため「うまい棒」は子供にとても人気があります。

 

遠足に持って行ったりします。

 

 

子供ばかりでなく、大人にも人気があります。

 

UFOキャッチャーで100円だけで大量ゲットしたという動画も見かけたりします。

 

 

 

そこで今回は、うまい棒に含まれている添加物が安全かどうかを紹介したいと思います

 

 

 

 

 

〇添加物

 

実は、どうしてこんなものをつかっているのかと言わざるを得ない添加物が入っています。

 

 

それは、合成甘味料のスクラロースです。

 

 

うまい棒には、チーズ味やコーンポタージュ味などいろいろな種類がありますが、多くにスクラロースが添加されています。

 

                                                                                                      

 

スクラロースは、1999年に使用が認可された添加物で、砂糖の約600の甘味があります。

 

これだけでも、危険な感じがしますね。

 

 

スクラロースは、有機塩化化合物の一種なのです。

 

 

これは、有機物に塩素(Cl)が結合したもので、ほとんどが毒性物質といえるものです。

 

 

 

有機塩化化合物の一種が恐ろしい物質の例

 

 

・使用禁止になった農薬のDDTBHC

 

カネミ油症事件を起こしたPCB(ポリ塩化ビフェニル)

 

・地下水起こしているトリクロロエチレンやテトラクロロエチレ  ン

 

・猛毒物質として知られているダイオキシン

 

 

これらはいずれも有機塩素化合物の一種なのです。

 

 

 

 

カネミ油症事件を簡単に説明すると

 

1968年に西日本を中心に発生した食品公害で、カネミ倉庫という会社が製造した米ぬか油に誤ってPCBが混入していたため、それを食べた人たちが、激しい下痢や歩行障害、にきび状の吹き出物、全身倦怠感などに襲われ、死亡者も出たという事件です。

 

 

 

 

 

スクラロースの悪影響を示すデータ

 

 

スクラロースは、ダイオキシンDDTなどとは違い、毒性が弱いとされています。

 

 

そのため、添加物として認められています。

 

 

しかし、

 

 

動物実験では、一定の毒性が認められています。

 

 

妊娠したウサギに体重1kgあたり0.7gのスクラロースを強制的に食べさせた実験では、下痢を起こして、それにともなう体重減少が見られ死亡や流産が一部で見られました。

 

 

つまり、一定の悪影響があるということなのです。

 

 

これは人間に対しても現れる可能性があります。

 

 

 

しかし、

 

 

食品業界やアメリカ政府の要望が強かったため、厚生労働省スクラロースの使用を認めてしまったのです。

                                                            

 

〇対策

 

 

できるだけ食べないようにするしかありません。

 

 

スクラロースを摂取し続ければ、おそらく免疫や肝臓などに何らかの悪影響がでると考えられます。

 

 

しかし、それを自覚するのはなかなか困難です。

 

 

しかも、何らかの障害が現れても、スクラロースとの因果関係を証明するのは不可能といえます。

 

 

対策は、スクラロースが添加された食品は、できるだけ食べないようにするしかありません。

 

 

UFOキャッチャーでうまい棒を大量ゲットしても喜べないかもしれませんね。

 

 

 

良かったら下の広告を見てください。お願いします。