モリブデン

分子式Mo
分子量95.94

毒性評価
平成4年の専門委員会およびWHO(1996)では以下のように評価されている。
経口暴露によるモリブデン発癌性評価に関する利用可能なデータはない。飲料水経由でのヒトの2年間暴露研究(Chappell et al., 1979)で、NOAELは0.2 mg/Lであったが、この研究の質にはいくらか懸念がある。不確実因子10が種間差に通常用いられるが、モリブデンが必要元素であり、それゆえ、因子 3で十分であると考えられる。以上より指針値は0.07 mg/Lとなる。これは動物での毒性試験の結果から導かれた値と同じレンジであり、モリブデンの1日必要量と一致している。

人気ブログランキングへ